読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~戯語感覚~

文学、思想、そしてあるいはその他諸々

おちゅーんlive100回記念イベント『笑えない話グランプリ2017』観てきた。

             以前このブログでも書いた 

kurikakio2016.hatenablog.com

ネット配信番組の『おちゅーんLive』がこのたびめでたく100回目の配信となった。それを記念するイベントが、大阪アングラ・サブカルの聖地の一つと言って過言ではない、かの有名な「味園ビル」の2階にある紅鶴で開催された。題して笑えない話GP2017』

f:id:kurikakio2016:20170430170156p:plain

 

「笑えない話」とは、笑ってしまった自分に対して、「なんで笑ってしまったんだ?バカ!バカ!、自分のバカ野郎~」と思わず自責の念を催させるような、不謹慎、恥知らずな話をいい歳をした大人たちが真剣に話すというおちゅーんの定番キラーコンテンツの一つである。

 

いつもはサイコロで話す担当を決めていたが、今回はトーナメント方式。

1回戦のみ配信、準決勝、決勝は会場に来た者だけが聴けるというやり口(笑)

 

1回戦はA、B、C、Dの4組に分かれて戦われた。

f:id:kurikakio2016:20170430171622j:plain

 

A組では、絶対王者の田中さんが初戦敗退するという予想外の出来事。劇団主催者・伊藤えん魔さんが「マンゴープリンじゃない、ピカチューの肉だよ」で、準決勝進出。

f:id:kurikakio2016:20170430172744p:plain

 

B組は、田中俊行さんとネットラジオ『血液型ZONE』を配信されてる、初登場横山創一さん(ラジオでは「諏訪山よしお」名義)が、アナーキーな無府主義者としての実力を遺憾なく発揮し勝利。準決勝に進出。私が優勝予想した放送作家吉村智樹さんは残念ながら惜敗・・・

f:id:kurikakio2016:20170430173430p:plain

 

C組は、波乱を巻き起こした。優勝候補の原さん、竹内アニキを差し置いて、レギュラーMCの松原タニシさんが、「刑務所慰問ネタ」で予選突破。本人も予想していなかった勝利に戸惑いを隠せない様子だった。でも、勝ってもいいんじゃない?だってあなたはおちゅーんのメインMCなんですから!!

f:id:kurikakio2016:20170430174121p:plain

 

D組は、偶然女子ばっかりが集まった組。噂の西野こうみさん(アイドルじゃなくタレント:本人談)が、前評判通りのぶっちゃけトークで予選突破。途中で話を中断するという荒業を披露したが、準決勝ではその続きをせずに全く違う話をしていました!これも花井さんの策謀か(笑)

f:id:kurikakio2016:20170430174718p:plain

マイクに向かって前屈みになる、独特のファイティングポーズでご無体なトークをくりひろげる「こうみ氏」!

 

ここまでの話は、おちゅーんLive!のアーカイブで観れる。予選落ちした話も、120%笑えないので、実際に自分の眼でご覧になる方がおもしろいと思います。

 

youtu.be

 

 配信終了後、準決勝の対戦カードの抽選。

準決勝: 伊藤えん魔VS松原タニシ

     西野こうみVS横山創一

 

対戦の内容は、残念ながら書けません。結果だけ書いとくと、

伊藤えん魔さん、西野こうみさんが各々勝って決勝に進出!

準決の西野こうみさんのネタがこのイベントで一番の、ジャイアンインパクト!だった、ということだけ伝えておきましょう(笑)

 

 決勝は、伊藤えん魔 VS 西野こうみ

準決の勢いそのままにこうみさんが押し切って優勝!

レギュラーの花井さんが、こうみさんの参謀役を買って出ただけのことはあります。

時間が余ったからと付け足した「鹿」のネタはいらんかったと思う(これは書いてもいいでしょう、多分・・・)。

 

優勝おめでとう、西野こうみさん!!

でも、「こうみがおもしろいのは、下ネタじゃないから!」と花井さんが熱弁してたので、もっと他にも引き出しありそう。今後の更なる活躍にも期待しましょう!

 

最後におちゅーんLive! 配信100回おめでとう!

これからも、決してテレビ放送にはない、自由な配信を思いっきり垂れ流してくださいな、期待しております!!