~戯語感覚~

文学、思想、そしてあるいはその他諸々

好きな音楽  -アジア編③-

 

書こうか書くまいか迷ったが、一応(というか確実に)日本もアジアの一国なので、

日本編行きたいと思いまする!ここ最近、気に入って聴いているバンド紹介しまっす。

 

・日本

 

1.ハイスイノナサ

youtu.be

もともと5人編成のバンドだったけれど、Voの鎌野愛 が2年前に脱退しどうなるのかなと思ってたら、なんと新たに4人加わって8人になった!!

この曲は特にそうだが、〈音〉がこれでもかというぐらい詰め込まれている。その音の塊の只中で、悠然と歌うVoの鎌野愛。この対比、コントラスト!

注目して欲しいのが、このバンドの中心人物、Gtの照井順政。

エレキでもアコギでもまるでクラシックギター弾くような右手の使い方!!

こんな弾き方する人、他で見たことないです(マークノップラーとも違うし)。

照井順政は、他にもsiraphというバンドや、アイドルグループsora tob sakanaの音楽プロデューサーもしてはります。次はそのsora tob sakanaのオケになる曲です。

youtu.be

これで十分過ぎるくらいインストの曲として成立してると思うのですが、実際はこの上に歌詞が載ります。

 

2.Crimson

youtu.be

Vo./Gt. 川中梢   Key. 福重まり   Dr.竪山弘樹

見て気づくかと思いますが、Keyを弾いてるのは「ゲスの極み乙女。」のちゃんMARIです。もともと彼女はこのバンドで上京してきたんです。たまたま参加したゲス極の人気が出たために、このバンドが中途半端な状態に・・・ちゃんMARIのツイッターのアカウント@mari_crimson にはそのCrimsonの名が残っている。

この曲すごく気に入ってて、なんかもったいないなと思ってるのは私だけじゃないと思います。

 

3.BimBamBoom 

youtu.be

これはBimBamBoom が好きというより、Gt.の岡愛子が好きなんです。

もとBAND A でデビュー。なぜかファンクインストゥルメンタルバンドでギターを弾くことになったという(本人も意外だったそうだ)。去年末にsaxの前田サラが脱退して、現在は山口美代子、田中歩、Maryne、岡愛子の4人の新体制になっている。ギター弾きまくる岡愛子は何故かかっこいい。同郷の先輩・田渕ひさ子とはまた違った良さがある。頭を振るタイミングが普通のギタリストと逆になってると雑誌のインタビューで答えてて、それが原因なのか!と膝を打ちました。

また、俺的ポイントとしては、うだうだ系ボヤキDJ岡愛子も決して見逃す(聞き逃す)ことのできない存在である!!!

youtu.be

 岡愛子、いい!かわいい!!かっこいい!!!

 

4.きのこ帝国

youtu.be

これ、一番好きな曲!コード進行とかは簡単なんですが、疾走感・透明感・浮遊感などが一緒くたになって迫ってきます。

メンバーはVo/Gt.佐藤千亜妃  Gt.(世界の)あーちゃん Ba.谷口滋昭  Dr.西村"コン"大介

2015年11月にメジャーデビュー。これに関しては賛否両論あるみたい。たしかにインディーズ時代の轟音&重苦しい感じから脱魔術化されたような、爽やかな&かわゆい感じになった。でもこれからどうなるかわからない。また変化するかもしれない。そこに期待するのも悪くはないと思う。

youtu.be

これインディーズ時代の曲。『春と修羅』歌詞が強烈!!

youtu.be

これメジャーデビュー後の曲。やっぱ世界観が・・・

 

5.tricot

youtu.be

tricotと書いて「トリコ」と読みます、決してトリコットじゃないよ!!!

たまにレンタルCD屋さんで「トリコット」って書いてありますが(笑)

メンバーはVo/Gt.中嶋イッキュウ Gt.キダ モティフォ Ba.ヒロミ・ヒロヒロ  Dr.吉田雄介

の四人組についこのあいだなったばかり。(『おやすみ』MVのドラムは前ドラマーkomaki♂

ギターはリズム楽器だと言い張る"変態&天才"ギタリスト・キダ モティフォが曲の基になるコード進行を考え、その上に中嶋イッキュウ がメロディーと歌詞をつけるのが曲作りの基本らしい。変態ぶりが遺憾なく発揮された曲をいくつか。

youtu.be

 

youtu.be

一応、マスロックに分類されることが多いですが、本人たちはロックだ!と言っています。ただ奇をてらって変拍子を使うなどというレベルじゃなくて、身体の底から自然と湧き上がってくるのがたまたま私たちには変拍子に聴こえる、という感じで音楽してるのがこのバンドの唯一無比さです。

憶えててくださいね、キダモティフォという名を!

   f:id:kurikakio2016:20180116220632p:plainキダモティフォ

 

これからの課題としては(そんな大げさな!)、中国のロックとか聴いてみたい。

ジャンルだけで好き嫌いは言えない。

好きなジャンルのバンドでもイマイチな時もあるし、

嫌いなジャンルでも、これは!というバンドもある。

地道に発掘するしかないよね!!

 

            

                   〈完〉

 

 

 

 

 

 

好きな音楽   ーアジア編②ー

・マレーシア 

1.Dirgahayu

youtu.be

メンバーはGt,Afifi Rahim, もう一人のGt.Zulhezan Ba.Wan Azry  このPVでは2016年末に脱退したDrのSeikan Sawakiが叩いてます。名前でお分かりの様にこのドラマーさん中華系マレーシア人と日本人のハーフなんだそうです。パワフルなドラムで、バンドとしてはえらい損失でしょう。マレーシアではマーケットが小さく音楽だけで食べていける人はほとんどいないそうです。また警察がとても腐敗しててロックが目の敵にされてよく摘発されるそうです。

Dirgahayuのサウンドは展開が読めず、変化に富んでて一曲で何曲も聴いたようなお得感があります(笑)

 

2.Mutesite

youtu.be

メンバーはGt.Anthony Lee  Key.Lee Jolyn  Dr.Purnama Magasuciのスリーピース、インストバンド。PVのBaは残念ながらサポートさんです…

バンド名"Mutesite"の由来は、歌詞がなく(mute)て、聴く人に自由に解釈する余地(site)を与えるためにこの名前になったそうです。

他民族国家マレーシアで身分的な差別を受けてきた自分達の体験を、演奏によって表現しているそうですが、まったくそんな感じはしません。とっても爽やかです。

 

・フィリピン

 Run Dorothy

youtu.be

メンバーはVo.Dee Cruz  Gt1.Felix Basilio  Gt2.Bogs Del Rey  Ba.Ino Tiglao 

Dr.Jepoy Santosの5人組。マスロックだけれど小難しくなくて、とってもポップでキャッチー。なにしろボーカルのディー・クルーズがとてもかわいい。声もエモくてイイ感じ。メンバーの仲も良さそう。

youtu.be

ライブの様子、ディーちゃんのアクションがおもしろい。

 

・韓国

1. Sweet Salt  〈달콤한 소금〉

youtu.be

メンバーはVo.キムジョンア(김정아) Gt.等キムソンソン(김손손) 元々3人組だったが今はデュオになっている。曲名は『別れる5分前』。

 

2.Song Of Luna  〈송오브루나〉

youtu.be

『壁』という曲。

メンバーはVo.チャイェジ(차예지) Gt.キムジョンベ(김정배) Ba.チェウンチャン (최은창)の3人組。現在活動してるのかよくわからない。SNSの更新も3年前からされてないし・・・ チャイェジのよく伸びる声がこの曲にとってもマッチしている。

 

3.Dear Cloud

youtu.be

Vo.Nine  Gt.ヨンリン Ba.イラン Dr.トグン の4人組です。

Dear Cloudについては以前にも触れたので、どうしようかと思ったのですが是非この曲だけでも紹介したいと思います。

昨年末突然この世を去った、SHINeeのジョンヒョンが自分のインスタにあげた最後の画像がこの曲の歌詞でした。ジョンヒョンはFMでナインと一緒に「青い夜」という番組のコーナー「孤独氏クラブ」で共演していました。ナインがジョンヒョンから預かっていた遺書を公開したのが、テレビでも放送してました。信頼されてたんですねナイン。この曲歌う度に、思い出さざるをえないでしょう、そういう曲になってしまいました。

好きな音楽   ーアジア編①ー

 

昔から(たぶん日韓ワールドカップの頃)、K-popはよく聴いてました。

当時は、今と違って両国の関係はとても良かった。

それがほんの数年でこんなにも悪化するとは思いもしませんでした。

 

 しかし!!!

なんか最近若い人の間で第3次韓流ブームが起こってるらしく(紅白歌合戦にtwice出てましたね)、

この険悪なムード中での流行は今までにない、ふわふわしたものでなくて、

しっかりと根付いた足腰の強いものとなっていくかもしれません。

 

…というわけで(どういうわけや!)、それ以来韓国以外にもアジアのポピュラー音楽も聴くようになりました。

ここでは私が普段よく聴いているバンドを紹介します。

 

・台湾

 

1.大象體操  〈Elephant Gym〉

youtu.be

メンバーはBassが張凱婷、Guitarが張凱翔、Drumsが涂嘉欽のインストスリーピースバンド。

張凱翔と張凱婷は兄妹だそうで、妹の張凱婷はスゴテクベース弾きにして、国立台湾大学卒の才女であります。男子二人が兵役で活動休止してましたが、2016年に復帰したようです。

 

2. 橙草 〈Orangegrass〉

youtu.be

メンバーはVo,Guitarが克拉克(Klark),Bassが小藍、Drumsが鳥人のこちらもスリーピース。2004年に結成。4年くらい前に来日してましたね(多分)。

このPV、陳凱歌 の映画みたいでよくないですか?

台湾PVの歌詞字幕の文字小さすぎで老眼おっさんには見えません(笑)

 

3.輕晨電  〈morning call〉

youtu.be

メンバーはVo隋玲,Gt劉以豪,Ba李孟書,Dr夏大開 2016年にKeyの小英が脱退して四人組。残念ながらバンドは現在、活動休止中。

劉以豪は俳優もやっており、台湾のRainとも呼ばれている。メンバー全員がカッコいい。私の一押しはBassの李孟書!名前だけ見てると三国志に出てくる将軍みたいですが、若かりし頃の甲田 益也子を彷彿させる短髪美人!

       f:id:kurikakio2016:20180115142657p:plain 李孟書  

 

・ 香港

 GDJYB  (雞蛋蒸肉餅)

youtu.be

メンバーはVo.soft  Gt.soni  Ba.wing chan  Dr.heihei の4人組ガールズバンド。

本人たちは自分たちの音楽を「マス・フォーク(math folk)」と称している。

見た目の可愛らしさに反して、歌詞の内容は政治的。

中国本土の言論弾圧にも屈しない香港の若者を代弁しているようだ。

youtu.be

日本では、〈tricot〉のレーベルである「BAKURETSU RECORDS」の姉妹レーベル「BAKURETSU INTERNATIONAL」からCDを出している。

ギターのsoniがtricotの「おちゃんせんすぅす」をコピーしてる動画。初めて見たときは GDJYBのメンバーとか何処の国の人かもなんにも知らんかったよ!

youtu.be

 振り返ったsoniの眼に杉作J太郎はいったいどう映っているだろうか(笑)

     次回につづく・・・

 

 

『戦争の日本古代史』読んだ。ーヘイトの淵源ー㊦

3.〈任那を巡る攻防〉

 6世紀に入ると、これまで高句麗に従属していた新羅が独立して半島の覇権を奪取しようとしだす。新羅百済と同盟を結んで伽耶任那)に侵攻した。こまった伽耶諸国は倭に援けを求めた。倭は対新羅軍を派遣しようとしたが、新羅と通じていた九州の豪族・筑紫磐井がそれを妨害してしまった。磐井を退け半島に渡った倭軍であるが、新羅の軍勢の前に後退を余儀なくされた。そしてとうとう伽耶の心臓部だった金官国新羅によって滅ぼされてしまう。しかしこの時、新羅は降伏してきた金官国の王族を破格の待遇で受け入れた。後に新羅朝鮮半島を初めて統一するが、その時の将軍・金庾信は降伏した金官国王の曾孫なのである。532年の金官伽耶滅亡、そして562年残りの伽耶諸国も新羅によって滅ぼされてしまう。倭は〈任那復興〉を計画するがうまくいかない。すると新羅が自国の「調(みつき)」と任那の「調」を合わせて送って来た。倭から見れば、新羅朝貢してきたようにとれる、実際倭国はそう理解した。新羅から見ればその贈り物は、任那と倭とのかつての関係をこれからは新羅が継承するという意味で自国と任那の調を贈ってきたのだった。しかしこれもまた単なる贈り物をするという外交儀礼にとどまらない影響を二国間にもたらしてしまう。新羅にしてみれば、緊迫する国際情勢を有利に持っていくために、倭国に多少の物品を送ってもかまわないとでも思っていたのであろうが、倭国側から見れば、それは旧伽耶諸国が倭国に貢納品を納めるという「伝統」と認識したことであろう。そして、百済のみならず、新羅からも「調」が貢納されるという誤った国際感覚を醸成させてしまったのである。その終着点として作られたのが、神功皇后の「三韓征伐」説話となる。・・・」(P85)

 

4.〈百済滅亡と白村江の戦〉

  6世紀の終わり頃、589年に東アジアに大事件が起こる。隋による中国統一である。じつに後漢以来400年ぶりに中国が分裂時代に終止符を打ったのである。この出来事は東アジアの周辺諸国に甚大な影響を及ぼす。隋は国内統一に投入されていて、その後使いみちの無くなった軍隊を高句麗に進める。また高句麗百済から攻撃されていた新羅が隋から冊封を受ける。このような国際関係の変化にあって倭は、長らく中止していた中国との外交を再開し、一世紀ぶりに遣隋使を派遣することになった。しかし遣隋使はかつて倭の五王が受けていた冊封は求めなかった(もし求めていると百済新羅より下の官職を与えられるおそれがあったため)。倭国の支配者層は、冊封体制から独立した君主を戴くことを隋から認められることによって、すでに冊封を受けている朝鮮諸国に対する優位性を主張し、「東夷の小帝国」にもつながる中華思想の構築をめざしたのである。この姿勢は、つぎの遣唐使以降にも受け継がれることになる。」(P97)

 そして7世紀がやって来る。百済義慈王は忠臣を遠ざけ佞臣を身近に置く典型的な暗君であり、高句麗の宝蔵王は臣下の淵蓋蘇文が立てた傀儡王にすぎなかった。まともな王は新羅の武烈王(金春秋)くらいだった。日本では、中央集権国家をめざす中大兄皇子中臣鎌足高句麗型の傀儡王を操る権臣による独裁政治をもくろむ蘇我氏を一掃して、大化の改新を遂行中であった。国際関係としては、高句麗百済(麗済同盟)+倭国 VS 唐&新羅 という図式が出来上がった。

 660年、唐は高句麗ではなく百済を、新羅との共同作戦によって挟撃しこれを滅ぼした。百済義慈王は捕らえられ、唐の都長安に送られる。第4次遣唐使として長安にいた日本人一行がこの光景を目撃している。

 百済滅亡の知らせが日本にも届く。しかしその後すぐ、百済の遺臣が国家復興のために挙兵しているという知らせも届いた。当時日本には義慈王の弟・豊璋が人質としていた。その帰還を日本に求めてきたのだ。斉明天皇は豊璋に護衛の軍をつけて百済へと送った。これが後に白村江での戦い、そして敗戦へと至る直接の第一歩であった。

 著者はこの派兵、および白村江の戦いにつながる一連の日本の動きについて、従来言われてきたように無謀な計画だったとは批判しない。むしろ勝算は、不確実な情報に基づいているが、ある程度あったと思って派兵したのだろうと擁護している。さらに穿って、この戦いに負けてもかまわない、いや負けた方が良いとさえ鋭敏な中大兄皇子は考えていたのではないかと推察している(中央集権化を進めるにあたって外敵の脅威を宣伝することが有用だし、派遣された軍も集権化にとって最大の障碍となる地方豪族の兵士たちだったから死んでくれた方が中央政府にとっては都合がいい)。

 663年、百済と倭軍は白村江で唐の海軍と戦って大敗してしまう。敗因について著者は、「かつて五世紀に高句麗に惨敗したという記憶の忘却を挙げたい。相手が強敵であり、これまでと同じやり方で戦争をおこなったのでは敗北するという、あたり前の認識を無意識的か意識的かはともかく、倭国の指導者は忘れていたのである。自己に都合のいい経験だけを記憶し、都合の悪い経験は忘却するという、人間が誰しも陥りがちな思考回路に、今回もまんまと嵌ってしまったということになる。(P152)

 

 この「白村江の戦」という古代の戦争。日本人なら誰しも知っている歴史的知識だろう(たぶん)。しかしこの戦い、意外にも!?戦場となった韓国ではほとんど知られていないそうだ。古代史を専攻する大学生がやっと知ることになる事実らしい。現代の韓国にとって歴史の主流はあくまで新羅⇒高麗⇒朝鮮であって、百済は単なる一地方政権にすぎないのだ。

 

5.〈感想とまとめ〉

 正直いって白村江の戦自体には興味はあんまりない。現在の嫌韓の起源をできるだけ遡りたいと思って、たまたま古代と題名のついたこの本を手にした。読んだら僥倖にして求めていた知識が散見されたのでまとめてみようと思って書いてみた。まとめながら思ったのだが、朝鮮蔑視の起源って、ひょっとしたら亡命してきた百済人にあるのじゃないか?と。百済人にとって新羅は祖国を滅ぼした天下の悪人国家だろう。それに対する呪詛が、日本書紀の記述をくるわせた。勿論、任那を失った倭国新羅を憎んだであろうが、その憎悪を何倍にも増幅したのが百済人の末裔たちだったのではないか?その憎悪は、新羅という特定の王朝に対するもので、朝鮮半島全体にたいするものではなかった。しかし、(不幸にも?)新羅が朝鮮を統一したため、新羅=朝鮮全体とすり替えが起こって、以来日本人も朝鮮を敵視・蔑視する傾向をもつようになったのではないかと…。あくまで、素人の思いつきなので、お許しを。

 

 まとめ 朝鮮の支配権を主張するに至るまでの道筋

高句麗との最初の戦いにおいて、朝鮮南部で軍事指揮権を発動した。

・中国の南朝の皇帝に、新羅などに対する軍事指揮権を認めてもらった。

新羅が、倭に「調」を貢納してきた。

・倭は、冊封体制の外にあって、朝鮮の諸王よりも格上だと考えていた。

 

                  〈完〉

『戦争の日本古代史』読んだ。ーヘイトの淵源ー㊤

 

講談社現代新書『戦争の日本古代史』(著・倉本一宏)読みました。

      f:id:kurikakio2016:20171227202839p:plain

 

昨今、日本で問題となっているヘイトスピーチ

差別は以前から確実に存在した。ただそれは一応潜在的なもので、人前で公然と顔を晒して大声でやる者はいなかった。それがここ10年位で風向きが激変した。

これまで自他共に認めるアジアナンバーワンの座に君臨してきた日本だが、その座が危うくなって(或は転落して)、礼節を顧みる余裕がなくなり、露悪趣味丸出しの本音共同体のなかで互いの傷をなめ合って小さくまとまろうとしているのだろうか?

 

なぜ日本は、日本人(の一部)はこんなゲスになってしまったのか?

それを知りたくて、この本を読んだ。

問題は近代だけにあるのではない!その根はもっと深い。

ヘイトの淵源を、滔々と流れる朝鮮蔑視という大河の最初の一滴目を確認したかった!!    (少々オーバーか?)

 

この本は、前半の三分の二が白村江の戦に至る古代の対外戦争について書かれて、残りの三分の一が中世・近世の対外戦争について触れられているのだが、このブログでは白村江の戦までについてまとめていきたい。

 

 1.〈七支刀と広開土王の碑文〉

奈良県天理市にある石上神宮「七支刀」というものがある。

この変わった形の剣は百済から倭に贈られたものと言われている。この剣には文字が象嵌されており、そこに刻まれた年号こそ日本最古の絶対年代を示すものなのだという。著者は「泰和四年」説を採っており、それは西暦になおすと369年となる。四世紀の半ばである。

では、一体なぜこれが贈られてきたのか?

  当時、百済は南下してくる高句麗と激しい戦闘を繰り広げていた。七支刀を日本に贈ったとされる近肖古王の在位中、百済は最盛期を迎え、最大の領土を持つようになる。しかし近肖古王亡き後、百済は後退を強いられることになってしまう。そんな中391年、高句麗好太王(広開土王)が即位する。百済に奪われた失地を回復するため高句麗は再び南下し始める。一方、新羅は人質を差しだし高句麗に従属する。高句麗新羅に挟まれた百済が目をつけたのが「倭国」である。百済倭国に軍事支援を求める。その証が372年に贈られた七支刀なのだと著者は言う。また外交などと言ううものを全く知らない倭国は簡単に東アジアの揉め事のなかに首を突っ込んでしまうことになる。

 倭国は391年海を渡り新羅に攻め込む。攻め込まれた新羅高句麗に援助を要請する。要請に応えて高句麗は軍を派遣、ついに倭国は本格的な対外戦争へと踏み出してしまう。かの有名な広開土王の碑文によると、400年新羅伽耶戦線で、404年帯方界戦線でいづれも倭国が大敗したと伝えている。

 高句麗に負けた倭国。それもそのはずで倭国の人々はその戦いで初めて騎兵というものを見たのだという。騎兵は強力で一騎で歩兵数十人に相当する戦力になるらしい。倭国の内戦では歩兵同士の戦いであった、それに当時の日本に人が乗る用の馬は存在しなかった。騎兵に衝撃を受けた倭人たちは「馬」の事を「駒」と呼ぶようになった。もちろんその「駒」とは「高麗(高句麗)」からきている。

 しかしこの高句麗との戦争が、現在まで続く朝鮮観を作らせてしまった。例え負けたとしても百済(そして伽耶)と軍事協定を結び、一時的であれ新羅の首都を攻め朝鮮半島の南部に軍事的影響力を持ったという事が、この後も半島における倭国の支配権を執拗に主張する根拠となった、と著者は言う。またこの戦争によって、負かされた高句麗よりも、態度が曖昧だった新羅により強い敵国意識を持つようになった。

 このあたりの反応は、高句麗が強すぎるので、弱い新羅に八つ当たりして自尊心を保とうとしているようにみえてしまう。倭国ちっさいなぁ、とも思うが、それだけではないような気がする。最初の正史『日本書紀』が書かれたのは8世紀の始めごろ。つまりその時には百済高句麗伽耶も存在しない。滅亡した百済の遺民たちが日本に沢山亡命してきており、その一部の人々が日本の朝廷で活躍していた。日本書紀の編纂に関わった百済人もいたであろう。その亡国の元百済人たちが〈歴史書〉という形で自分たちの怨嗟を晴らそうとしたのかもしれない、と思ったりもする。

 

2.〈倭の五王冊封体制

 五世紀初頭、中国の華北五胡十六国時代の分裂から北魏が統一王朝を建てる。一方の南朝では、東晋から禅譲を受けた宋王朝が開かれていた。この時代、倭国の五人の大王は、南朝朝貢して皇帝から冊封を受けていた。421年、五王の一人目「讃」が入貢したとき、なんと大王が姓を名乗っているだ!大王家は国内においては「姓」を与える存在であって、自らは「姓」を名乗る存在ではない。その大王が「倭」姓を名乗っている!これは外交上「姓」がないのは具合が悪いからである。何故なら、他の朝貢国の王も(百済は扶余氏)、また中国の皇帝も皆「姓」を持っており、姓を持たないのものは「賎民」と見做すのが東アジアの当時の常識であり、それに合わせて姓「倭」と称したのだという。

 倭の五王はそれぞれ、南朝の皇帝から爵位と官職をもらっている。大体、倭国王・使持節都督 倭・新羅任那加羅・秦韓・慕韓6国の諸軍事・安東(大)将軍に叙せられている(百済が入ってないことに注意!)。百済は先に冊封されており、倭国の軍事指揮権は認められていないのに対し、中国に朝貢していなかった新羅のそれは認められている。これも後に日本の対朝鮮観に重大な影響をもたらすことになる。百済が滅亡し、新羅朝鮮半島を統一した時、新羅に対する軍事指揮権が中国皇帝によって日本に認められていたということで、朝鮮全体が日本の支配下にあると主張する根拠になったのだ!

 

                次回につづく・・・

              

 

来年の抱負などなど

 

実は『戦争の古代史』(講談社現代新書)のレビュー書こうと思ったんですが、食あたりにあってしまい、体力的にしんどいのでレビューは来年に譲って2018年の抱負などサラッと書きたいと思います。

 

『戦争の古代史』もそうなんですが、来年は日本・韓国・中国などの東アジア関係について色々な角度から考えていきたいと思います。多分皆さんもうっすら思っているかもしれませんが、来年は東アジアで何か歴史的な転換点となる出来事が起こりそうな気がします。その出来事を権力者や学識者の誘導からフリーに見れるようにしたいと。

 その一つのカギになるのが今年も何冊か触れた《儒教》だと思います。もちろん他にもあると思います。どれだけ時間の猶予があるか分かりませんが、とりあえずそのつもりです。

 

あと、もう一つあってこちらの方は未だはっきりとはしてないんですが、「住まう」ことと「移動する」という事について考えてみたい。Bライファーの方のブログとか拝見してると、住んでいる「小屋」自体がというより、その小屋が何処にあるのか?小屋を取り巻く環境の方が重要なんじゃないかと思ったからです。ほかにもいくつか発想のフックはあるのですが、単なる思いつきで終わるかもしれません。

 

出来るだけ更新の回数を増やしたいとも思ってるので、暇なときにでも読んでやってださい。

           

             では、良い御年を!!!

 

 

 

 

おちゅーんLive!『烈戦ピン下一武道会』観てきた!!!

たびたび当ブログでも取り上げている配信番組『おちゅーんLive!』

その公開収録《烈戦ピン下一武道会》を大阪・肥後橋にあるアワーズルームにて観てきました。

ピン下一・・・?

イベントが行われたのは、11月11日。

そうポッキーの日、否、否、否、ピン芸人の日じゃありませんか!!

ということで、竹内義和アニキの主催するアワーズルームにおいて、絶対全国放送では見れない濃ゆ~いメンツを集めて、夜9時半という年寄だったお眠であろう結構深い時刻から熱戦の火ぶたが切って落とされたのです!!

出場者は、事前に発表されていた8名、松原タニシ彩羽真矢代走みつくに、ハクション中西、にしね・ザ・タイガー、川邑ミク、ベルサイユ、セキモトブリキ

そしてシークレットゲスト1名の合計9名で、ピン芸人のメンツをかけた(ちっちゃい)天下分け目の決戦が今始まる!!!

 

1回戦 

f:id:kurikakio2016:20171112130956p:plain

対戦相手を決める抽選が終わった直後、この日発表となるシークレットゲストが会場に到着!!

誰だ?誰やねん??シークレットゲストって??

ひょっとして、現役最高齢アイドル「プリンセスやすこ」さん?(開場待ちで皆と喋ってて全然シークレットじゃないけどwww)

するとデカすぎるMC(推定185㎝)の高島麻利央さんから、信じられないサプライズ!!!

「帰って来た狂気のトラウマ姉さんを刮目せよ!!十三生まれ地獄育ちBugって花井!!」 wow~WOW~!! ウォ~!!!

f:id:kurikakio2016:20171112142046p:plain

   Bug姉こと、Bugって花井さん登場! 疾風のように、アオザメの如く、通路側に座っていた私の傍らを通り過ぎてステージへと!!

f:id:kurikakio2016:20171112142538p:plain

 

で、いざ対決へ!!

トップバッターは、川邑ミクちゃん!松竹芸能所属のピン芸さん。最近は俳優もされており、NHKの朝ドラ『わろてんか』にも出演中。可愛いだけではない、現在開催中の女芸人NO.1を決める「THE-W」予選突破し、準決勝に進出するなど最近メキメキっと腕も上げてきている。

f:id:kurikakio2016:20171112144511p:plain川邑(かわむら)ミク

ネタは、「ジュエリー店の店員と客」

このネタで笑いを取るには、演技力が必須。以前は素人っぽさが初々しかったミクちゃんが、いつのまにこんな演技力を身に着けていたとは!!あと、間の取り方もとても上手でした。びっくりです!

対するは「孤高の天才ピン芸人 ハクション中西」さん。

f:id:kurikakio2016:20171112150004p:plain

元吉本所属で、現在はフリーで活動してはります。自称「38年間実家住みます芸人」www

ネタは「テレビのマニュアルVTR」 マニュアル文化へのアイロニーと、シュールとキレ芸を融合させた複雑で多面的な構成。いつもネットでみる時よりも、すごくノリがよかったように思う。やっぱりお客さんの(ポジティブな)反応を前にした方が、やりやすいのかもしれません。なおハクション中西さんは小説も書いておられて、こちらの方もおもろいです。

営業電話の達人への道(ハクション中西) - カクヨム

 Aブロック最後は、ベルサイユさん。

f:id:kurikakio2016:20171112152151p:plain

彼女も松竹芸能の女芸人さん。つい最近30歳になったばかりとは思えないほど妖艶な雰囲気漂わせはります。ものまねも結構やられていて、研ナオコオアシズ大久保佳代子さん等どれもクオリティ高いです。個人的にはトランプみつくにさんとのコラボのメヤニガトランプが好きですけど(笑)

f:id:kurikakio2016:20171112154153p:plain

ネタは「京都祇園のクラブにて懸命に働くも預けてきた子供のことが気になって仕方がない母の背中の美しさ」って長いな!

場末のホステス感満載の一人芝居と昭和歌謡の合体!!

オチの「スーパー玉出」は笑いました。スーパー玉出がわからないひとは是非ググってたもれ。

 

結果は、川邑ミク0票、ハクション中西3票、ベルサイユ4票で2回戦進出!

 

さて次はBブロック1回戦

まずは、浪速が生んだ究極のギャグマシーン・代走みつくに!!!

この名前、知らない方がいるなら是非憶えておいて欲しい芸人さんです。俺的にイチ押し、今から十年以上前初めて観た時から三半規管に甘じょっぱい衝撃を受けた方です。

ギャグ、ギャグ、ギャグ、そしてギャグ。息つく間もないギャグの機関銃連射(たまに空砲も)。ギャグとギャグとのブリッジが又、ギャグ。そしてお決まりのフレーズ「なんのこっちゃね~」。この一言で全てが弛緩し、浄化され、異化される。誰がこんなすごい言葉考えたんや?

f:id:kurikakio2016:20171112195151p:plain

ネタは、説明不要。動画見てもらった方が早い!!

 

そして次は、このおちゅーんLiveのメインMCである松原タニシさん。

最近は、事故物件ブームというものが静かに巻き起こっているが、その第一人者がこのタニシさんだろう。実際、大阪と千葉の2軒事故物件に住んでいる。また怪談師として全国を巡ってもいる、というかそっちの仕事がメイン!?のような状態。だからお笑い芸人としての舞台は貴重なのだ!!

f:id:kurikakio2016:20171112200018j:plain

 

 ネタはめくり芸で「哲学」。僕も哲学ずっと勉強してたんで嫌いではないです。

後からじっくり見直すとよく出来ているなあと思わされます(ぬるま湯に満足している所属事務所の芸人への批判とか)が、その遅効性ゆえ、R-1とかのコンテストで上に行くのは、まず審査員の頭の中をパラダイムシフトさせる必要があるでしょう。怪談とお笑いという正反対なものを、一身で実現しようとする前代未聞の芸人さんです。

 

ラストは、おちゅーん初登場の「セキモトブリキ」さん。

正直言って、私もこのステージ観るまで全然知らなかったです。ブリキさんは、吉本興業松竹芸能ではない、第三の勢力「スパンキープロダクション」所属の芸人さん。大阪のお笑いは、なにも吉本だけじゃないんだ!他にもいろいろあるんだぞ、ということを知ってもらいたいですね。

f:id:kurikakio2016:20171112202114p:plain

どうですか?この面構え!まるで樫木の一刀彫のような力強さ!!!NHK人形劇の操り人形かと思ってしまった。一度見たら忘れられない、夢に出てきそうなインパクト!

ネタは「応援団歌」。かっ飛ばせ門田のフレーズでは何故か、猫ひろしの「らっせーらー」を思い起さずにはいられませんでした(俺だけ?)

 

結果は、代走みつくに4票、松原タニシ3票、セキモトブリキ0票で代走さん2回戦進出!

 

そして最後のCブロック

まず、松原タニシさんが好きすぎて、自分がタニシになりたいと思っている元ひきこもり芸人「にしね・ザ・タイガー」さん。イベント前の日にテレビ番組「桃色つるべ」が放送されてて鶴瓶さんにもたもたするなや~と愛のムチを受けてはりました。

f:id:kurikakio2016:20171112204154p:plain

いつもはタイガースのユニホームですが、今日はベイスターズのユニホーム姿。

ネタも「横浜ベイスターズに関するエピソード」を音楽に合わせてフリップめくる、めくり芸を披露。レスカーノは覚えてたけど、マラベは覚えてないな。野球に関するマニヤックすぎる知識を持つ芸人さん。あと、おでこでピアニカ弾く芸も!!

 

2人目は、元宝塚歌劇団男役の彩羽真矢(あやはねまや)さん、通称チャミさん。

おちゅーんでは、タニシさんと「薔薇とノンフィクション」というコンビを組んでM-1予選に出場、唯一3回戦まで残った強者。舞台上でのあの落ち着き、堂々とした立ち居振る舞い、さすが宝塚出身者!!しかしあの笑いのセンスは一体何処から?

f:id:kurikakio2016:20171112205919p:plain

この衣装、この化粧(いつもより薄め)反則です!出オチかとおもいきやネタもおもしろい。ネタは「ショートコント・オスカルカフェ」。チャミさん、お笑いのネタはどうやって考えているのでしょうか?本人が書いているのだとしたらスゴイです。

開場10分前に楽屋入り、きれいなすらっとした女の人が階段上がって来るな、と思ってたらそれが彩羽さんでした。友達みたいに気さくに話しかけてくれました。

 

Cブロック最後は、シークレットゲストって、元レギュラーですよ、おかえりなさいですよ。Bugって花井さんは声優さん。そしてメガマウスという鮫をこよなく愛するメガマウスアイドル。それからネットラジオファミコン名人の教え(仮)』を相棒のファミコンキッドさんと10年以上やってはります。

第12期2-3「ありがとうベイスターズ!」: ファミコン名人の教え(仮)

f:id:kurikakio2016:20171112211807p:plain

ネタは「ゲーム売りの少女」。このネタ、個人的に好きなんですよね~、特に「ACアダプター、温かい・・・」の所、絶対笑ってしまう。なんか以前見た時よりも演技が濃ゆくなってるような(笑)

f:id:kurikakio2016:20171112212227p:plain

 

結果は、にしね・ザ・タイガー3票、彩羽真矢1票、Bugって花井3票で、にしねさん、花井さん同票で客席判定にもつれ込むも、それでも決着つかず、結局審査委員長竹内アニキの裁定でにしねさんが2回戦進出! ついでワイルドカードでハクション中西さんが選ばれ、次の組み合わせに!

f:id:kurikakio2016:20171112213030p:plain

準決勝・決勝は動画を観てもらいましょう。

その方が早いし、何しろおもしろい!

とりわけ、代走みつくにさんのはじけっぷりは素晴らしかったです。

3回もネタ観れて幸せでした。

みつくにさんのネタって、自分を卑下・自嘲したり、誰かを傷つけるわけでもなく、ただ純粋な面白味で成り立ってる、そこが痛快で、笑うことそれ自身を楽しめる唯一無比な芸人さんだと思うのです。本人はいろいろ苦労されているとは思いますが、芸を観てるとそんな感じは微塵も感じません。ということで、初代ピン下一武道会の優勝者は代走みつくにさんに決まりました。納得の結果です、本当に喜んでいた代走さんがかわゆかったです。

f:id:kurikakio2016:20171112214610p:plain

優勝決定の瞬間・感極まる〈代走みつくに氏〉!

 

f:id:kurikakio2016:20171112214852j:plain

初代王者を囲んでの記念撮影 (ハクション中西の顔よ!)

 

 この回のおちゅーんLiveのアーカイブ

youtu.be

 おちゅーん 

楽しいよ~、

おもろいよ~           

          〈終わり〉